2010年5月 7日 (金)

桜井正明さんの訃報

今日、調べ物をしている時にふと見たサイトで、脚本家の桜井正明さんが今年の2月に亡くなられていたことを知りました。享年61歳、肺がんを患われていたそうです。ご本人のサイトもなく、ぶらざあのっぽの小山さんなど脚本家の方のブログで詳細を知った次第です。前回のハットリくんの誕生日に関する追証記事で、桜井さんの脚本に触れようと思っていた矢先の事なので驚きを隠せません。

桜井さんは忍者ハットリくんのメインライターで、第1話に始まり最終話間際の691話まで、スタッフの入れ替わりの激しいハットリ班の中で最初から最後まで関わられた数少ないスタッフの一人です。ツバメちゃんやトゲ次郎、ジッポー、三匹の忍者といった新キャラが登場する回は必ず桜井さんが担当されていました。TVシリーズ以外にも4本の映画全てを桜井さんが執筆されています。(ニンニンふるさと大作戦の巻のみ岸宗生さん、大久保昌一良さんと共著。)

また忍者ハットリくんだけでなく、パーマンやウルトラBなど数多くの藤子アニメにも脚本を書いており、間違いなく藤子アニメの屋台骨を支えた重要な方でした。いつの日か藤子アニメを書いていた頃のお話をインタビューなどで読めたらいいなあと思っていたのに、残念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。

2010年5月 5日 (水)

本当に今日はハットリくんの誕生日なのか?

本日5月5日は子供の日、すなわち全国的に我らが忍者ハットリくんの誕生日であります。これはNHK-FMの「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧」でも初っ端からお祝いされてしまうくらい(主人公が5月5日生まれのアニソン特集があったのだ)日本の常識として定着している(?)事実なのですが、プロフィールが全国的に知られちゃってるっていうのは忍者としてどうなの?という疑問を抱かなくもない今日この頃なのであります。

もとより歳をとらないマンガの登場人物に誕生日があるというのは何かとやっかいで、それが何年にもわたって放送されるような人気作品ともなると、毎年やってくる誕生日というのは非常に面倒な問題なのであります。去年も今年も来年も、何度お誕生日を祝ってもハットリくんは永遠に10歳……はて?そう言えば誕生日って祝ってたっけ?

というわけで、忍者ハットリくん全694話の中から、5月5日近辺の放送タイトルをチェックしてみました。
※画像クリックで拡大します。
20100505_01_2

こうしてみると5月5日近辺の放送回8本のうち7本は子供の日とは関係のない通常回、5日当日に放送があった1982年の180話も直接的には子供の日とは関係のない話でした。1983年5月2日の423話は唯一の子供の日ネタですが、話の途中で子供の日を迎えてもハットリくんの誕生日は完全スルー、話題としても全く触れられていないのです。祝ってない、祝ってないよ誕生日!

そうなると、5月5日がハットリカンゾウの誕生日ということが俄然あやしく思えてきます。ハットリくんの弟、ハットリシンゾウの誕生日は3月3日ですが、こちらもひな祭りネタはあっても誕生日が祝われたことはありません。さらにツバメちゃんの誕生日の7月7日というのも設定があるだけでお祝い話がありません。設定があるのに祝われた形跡がない、また3人揃ってゾロ目の誕生日と言うのもなんだか不自然な感じがしてきます。一方、犬の獅子丸や甲賀のケムマキ影千代には誕生日の設定がありません。そもそも忍者がプロフィールを公開してること自体がおかしいわけで、つまり、これは本当に誕生日なのか不明ということなのかも?もしかしてもしかすると、世を忍ぶ仮の姿、偽のプロフィールである可能性が高いと言えるのではないでしょうか!?

となると、毎年ケーキでお祝いしていたあの頃の私の立場は?…まあ、ケーキ美味かったからいいんですけど……。

アニメや漫画の登場人物に普通に誕生日が設定されるようになったのはいつ頃からなのか、ふと思った疑問からハットリくんの誕生日に絡めて一本ぶちあげてみました。以上の考察は全て私の妄想なのでくれぐれも本気になさいませんように!

ともあれ、ハットリくんお誕生日おめでとう!!


2010年4月13日 (火)

このネタ没!

旧原作の描き直しネタ、忍者になれる三人のプロ野球選手の変遷で一本書こうと思っていたのですが、ウィキペディアで既出だったので没にしました。かぶる前に気がついて良かった。

補足を入れると、藤子不二雄ランドでは王、山本、掛布の三人で、これはてんとう虫コミックスと同じです。それが中公文庫コミック版では清原、イチロー、松井に書き直されています。ところが藤子不二雄Aランドでは王、山本、掛布に戻っています。恐らくランドと文庫では版が違っており、FFAランドはFFランドの版を流用しているのではないでしょうか。

そんなわけで、清原、イチロー、松井の忍者姿は文庫版でしか拝めないのですが、何度見ても松井氏の顔で笑ってしまいます。イイ表情してて好きなカットなので、Aランドで戻っちゃったのはちょっぴり残念。

2010年3月25日 (木)

原作を揃えたいなら…

「忍者も参ったマンガでござる」の次の更新はこれにしようと決めたのに、またスタイルシート手直し始めてしまって泥沼化しています。できるだけシンプルな作りにしたいだけなのに余計に複雑化してる気がする。なんも凝ったとこないサイトなのにぃ~。(><;

それはさておき表題の件ですが。

旧原作はAランドを揃えればとりあえず全話読めるけど書き直しが多いのが難点。新原作はてんとう虫コミックスとAランドとぴっかぴかコミックスを揃えても一話未収録がある。う~ん新旧全話まとめたシリーズがでないかなあ。できれば旧は初出のままで読みたいけど、いろいろ難しいんだよなあ。

という感じで行きたいと思います。

2010年3月15日 (月)

新原作を語りたいキブン

煮詰まっている『ハットリ堂』ですが、原作漫画のコーナーをもう少し充実させたいなあと思う今日この頃。というのも、しばらくぶりにハットリ熱が再燃していてDVDだのLDだの単行本だの引っ張り出してるうちに新原作はもっと評価されて良いという気がしてきたから。

連載当時はピンとこなくて正直つまらないなあと思って読んでいた新原作だけど、30過ぎた辺りから面白いなあと思うようになったのは何故なんだろう。たぶん読み方が昔と変わったからなんだけど、どう読めば面白いのか形にしてみるのも良いかなと。新原作はギャグマンガとしてより『Aマンガ』として読むと面白いんだと提唱したいな。

メモ:
旧原作(少年連載版)1964~1968年、藤子A先生は30~34歳。
新原作(小学館連載版)1981~1988年、藤子A先生47~54歳。

それとは別に、ハットリ単行本収集の手引きをなんとかしないと。収録・未収録の分かりやすい表示の仕方を考えてるんだけど上手くいかんです。

2010年3月14日 (日)

はじめの一歩

忍者ハットリくんファンサイト・ハットリ堂に関する忘備録というか管理人の呟き処を作っておこうかなあと思い立って、ココログをはじめてみることにしました。

サイトの運営にもだいぶ行き詰まっているので、ここでなんか打開策が見出せればと。